Please reload

Recent Posts

A.R.M.トレーニング後の独特な感覚

March 20, 2018

 

「このトレ―ニングを受けた後は、なぜか体が軽くなるんです!」

「やり切った帰りの電車での恍惚感がなんとも言えないんですよね」

 

終わった後の「達成感」「爽快感」は

受けた方のみぞ知る感覚です。

 

15分・30分の中でこれだけ密度の濃いメニューをこなし
カラダと脳に非常に質の高いストレスを与えます。

 

仕事で多忙を極めるストレス
上司から怒られるストレス
数字に不安を感じるストレス

 

これらメンタル的なストレスと、トレーニングで肉体に与えるストレス。
実はどちらとも脳では同じように処理されていて、区別されてはいないのです。
(結果、反応としてホルモン分泌などは違いが出てきます)

 

短時間ストレスからの開放!

 

ということで、トレーニングを終えたときの解放感に繋がることが、ご納得頂けると思います。

 

他にも脳内では変化が起きています。

運動を始めてまず分泌されるのが脳内麻薬のβ-エンドルフィン。
気分をハイにするホルモンで「多幸感」をもたらします。

 

次にドーパミンが分泌されます。
「ワクワク感」「高揚感」「達成感」をもたらすホルモンとされています。

 

そして最後にセロトニンが分泌されます。
別名「愛のホルモン」や「幸せホルモン」とも呼ばれ、心を安定させる効果があると言われています。

私たちの知らないところで、身体はドラマチックな反応が起きています。

 

実感されることがたくさんあると、もっとレッスンが楽しくなると思いますので
気づいたことがあれば、どんどん私に教えてくださいね。

Please reload

Please reload

Search By Tags