• hideoyanase

暑い時の不快に対する対策

最終更新: 2月5日


暑い時って不快指数も上がりますね。

不快と書くくらいですから、妙にイライラすることもあると思います。

イライラするときの表現として 頭に血が上るとか、腹の虫がおさまらないと言いますよね。

東洋医学でもイライラするときは『気毒(きどく)』と言いまして 体内にガスが溜まりやすくなると考えられています。

ガスが溜まりっぱなしになると、ガス(気)から毒が放出され 血液に乗って血管内を通り、全身にまわっていきます。

するとわけのわからない自律神経系の症状 (倦怠感・のぼせ・冷え・変な汗・めまい・首や肩の凝り・疲れやすい・睡眠障害など) が出てくることもあるのです。

この時期妙な不調が出てくるのは ガスがたまっていることも1つの要因なのですね。

もちろん、その対策はあります。 それは『ガス抜き』という呼吸法です。

順番に説明していきます ①立って上を向きます ②しっかり吸います ③軽くジャンプをピョンピョン繰り返します ④そのとき息が自然とはっはっはと出ます ⑤全部吐き出されたら②にもどり5回ほど繰り返します

参考動画 https://youtu.be/JVEE-vKeOPM

簡単にできますので、ぜひお試しください。

呼吸法ですので1日に何回やってもらっても大丈夫ですよ。


  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

copyright ©京都 パーソナルトレーニングジム MOVEMENT All rights reserved.