• hideoyanase

トレーニングでの怪我のリスクを下げる対策として

最終更新: 2月5日


一般的に筋トレをはじめて少しずつ上手になりトレーニングフォームが良くなると

回数を多くする、さらに重いものを持つようになります。

A.R.M.ではどのようになるのか?

より短時間・少ない回数で【筋肉への効きが早くなる】のです。

しっかり動けるようになった分、筋肉を総動員します。 曲げる伸ばすが上手になり筋肉の使う範囲も大きくなります。

ゆえに筋肉への効き方が早くなるのです。

少ない回数で効くと

「あれ?前より体力なくなった?」と思ってしまう方もいますが

実は、トレーニングスキルが上がっているのですね。

ちゃんとトレーニングの効果が出ている証拠ですので、心配はご無用です。

これができると、トレーニングによる怪我のリスクが低くなること。

回数が多くなる、重たいものを持つことは関節に熱を持ちすぎ

筋肉の修復成長に回復するエネルギーが関節の回復に奪われてしまうのです。

すると慢性的な関節痛に繋がりやすいのですね。

ですからARMでは、人生100年次代、より健康で動ける身体を獲得するため

怪我のリスクを下げるための対策もたくさんあるのです。

#トレーニング #怪我 #リスク #対策

最新記事

すべて表示
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

copyright ©京都 パーソナルトレーニングジム MOVEMENT All rights reserved.