• hideoyanase

トレーニングで素直さを育てよう


今までトレーニングをしてきて、ここはよく注意を受けているなと 思うことはありますか?

例えば、つま先上げで膝が内に入ってしまう。 プッシュアップなどでお腹が下がってしまう。 最後のスクワットで追い込まれると、スピードが速くなる。

他にも目をつぶってしまう、歯を食いばる、顔が怖くなる(笑) など本当に体っていろんな癖が出ます。

けれどそれは、人それぞれ個性がありますから、注意を受けることは問題ありません。

ステップアップするために言っていることもありますから。

しかし、半年1年継続されてきて同じことを何回も言われていると・・・

それは直す気がないか、注意を聞いてないか 「まあええか」と妥協しているか、もったいないことをしているかもしれません。

部下や子供に、同じことを何回行っても直らないことってありませんか? それはご自身はできていますか?

以前、素直な人は伸びる成長が早いとコラムで書きましたが そこに繋がってきます。

それとトレーニングの中では、この癖が体の不調とリンクする可能性が 非常に高いことを示しています。 なので、私は何回でもお伝えします。

いつでも成長できる人でありたいですね。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ARMトレーニングは筋肉を短時間で疲れさせることで、体と心の回復スイッチを入れる。

「今日はありがとうございました。普段使わない筋肉がプルプル震えたり、トレーニング後の体の動きが柔らかくなっていたり、短時間でも変化が実感出来て楽しかったです。分かりやすく指導して下さり、ありがとうございました。家でもトレーニング頑張ります!」 先日、体験レッスンを受けて当日ご入会されたクライアント様からメールを頂きました。 ARMを楽しんでもらえた感じが伝わってきますね。ありがとうございます。 こ