top of page

トレーニングをスタートしたら、数年後の自分を楽しみに!


当店にはじめて来られてトレーニングされたことを覚えていますか? どれくらいできたか・できなかったでしょうか?

A.R.M.トレーニングではスクワット・プッシュアップだけでも いろんなバリエーションがあり、受けて来られて他のトレーニングとは 違うんだということがご理解頂けたのではないかと思います。

はじめてしたメニューをすぐにできることも素晴らしいことですが もしできなかったとしても、1年後同じメニューを少しでも上手にできるようにすればOK。

懸垂メニューも目標メニューの1つとなりますが 例えば懸垂メニューをして、最初はうまくいかない方も多いです。

ですが、懸垂ができるように、これをひたすら練習させることはありません。

例えば小学生の頃に逆上がりができなくて、毎日放課後ずっと練習していた生徒っていますよね。 そのようにはしないということです。

それをやってしまうと懸垂がスポーツとなり、競技力向上が目的となってしまうのです。

競技としてしまうと頑張り過ぎて何回も何回も同じ練習をして 結果、回数が多くなり過ぎて、同じ筋肉を使いすぎ、関節痛や怪我へとつながりやすくなります。

それだとA.R.M.トレーニングが目指す年間の健康とは違うのですね。

なので、目標となるトレーニングは半年や1年でのサイクルとなり 年齢とともにやりずらくなる動作・個人的に苦手な動作をターゲットに 全身運動で若い筋肉に刺激を入れて、若々しい身体を獲得していくのです。

はじめてやったメニューはうまく出来なかった方は、将来の自分に期待して 週1回のトレーニングを楽しんでいきましょう!


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「以前の私なら怖くて動かすなんてできなかったでしょうね」 そう仰られたのは、数日前に右の肩甲骨あたりに急な痛みが出たクライアント様。 受傷直後は腕を動かすとすべての動きに対して痛みが出る状態でした。 原因はよくわからず、もしかしたら下にあるものを取るときに変な動きをしてしまったか? 「痛みがでたとき何か対処されましたか?」と質問すると マッサージガンやスクワットやプッシュアップなど 積極的に体を動

bottom of page