• hideoyanase

トレーニングはまず「できない」を認める


はじめて体験するメニューは やってみて「感覚がわからない」方がけっこういます。

できないトレーニングがあると「恥ずかしい」「悔しい」 「わからない」いろんな感情が湧いてきますが どれも大切な感情だと私は思います。

できなかったこと自体は問題ではありません。 【できない】を感じることでそれを【認める】ことが大事なのです。

大人になってできないことを認める。

自分の力量を認めるということは、そこから向上することに繋がる。 素直に修正をしていけば、ゆくゆくは改善されていることがほとんどです。

もしできなければ、翌年の今頃に改善れていれば大丈夫です。 それくらいの気持ちをもって、毎週のレッスンを楽しんでいきましょう。

その逆に認めない方、投げやりになって雑なトレーニングになる方は なかなか伸びないのでもったいないということなのです。

皆さんはできないトレーニングが出てきたときには 「これからまだまだ伸びるぞ!」とこれからを楽しみにしてくださいね。


15回の閲覧
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

copyright ©京都 パーソナルトレーニングジム MOVEMENT All rights reserved.