top of page

健康を考えるなら完璧なフォームだけではダメ!


A.R.M.トレーニングではできない・やりずらい動作が多く

特に初めてするメニューは「なにこれ!できる気がせーへん」 「先生がやってるのみると簡単そうなんやけどな~(笑)」 このような経験が皆さんあると思います。

なぜこのよなメニューが多いのか?

それは子供が遊ぶようにしっかり体を動かすことで 回復力の高いカラダを獲得していくためなのです。

アスリートは完璧なフォームを目指すことで、カラダに対しての刺激が少なくなっていくのですね。 すると、カラダは老化していくので、引退時期を早めてしまう原因ともなります。 それを防ぐためアスリートは、競技以外の遊びやスポーツもシーズンオフにするのです。

これは子供のアスリートでも同じことが言えます。 1つのスポーツしかしていない子は、物凄くケガが多いです。 この時期はいろんなスポーツを経験することが、今後の人生にもよいと考えます。

話を戻します。

子供の遊びにはルールもフォームも関係ありません。

カラダにとって大量の刺激になるので、筋骨格系が変化・成長していき 同時に対応力・判断力・瞬発力・俊敏性・耐久力などもついてきます。

だからこそ大人も、子供の遊びのような【ラフ】な動きが大事なんですね。

とくに初めてのメニューでは、まずはトライです! できなければ笑っちゃってもいいんです。まずは楽しんでいきましょう。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「以前の私なら怖くて動かすなんてできなかったでしょうね」 そう仰られたのは、数日前に右の肩甲骨あたりに急な痛みが出たクライアント様。 受傷直後は腕を動かすとすべての動きに対して痛みが出る状態でした。 原因はよくわからず、もしかしたら下にあるものを取るときに変な動きをしてしまったか? 「痛みがでたとき何か対処されましたか?」と質問すると マッサージガンやスクワットやプッシュアップなど 積極的に体を動

bottom of page