top of page

トレーニングは少しだけ限界を超えていくことで、素敵に変わっていくのです。


「1年中、汗をかけるようになりましたね。」 身体を内側からも変えていく。短時間でも質の高いトレーニングにしていきたいですよね。

質の高いトレーニングにしていくために、ARMでは回数や重量にこだわっていません。

では何にこだわっているのか? その1つが、チャレンジすること。

ちょっとだけ自分限界を超えていくことで、身体も心も成長していくのですね。これは子供でも大人でもです。

20歳を過ぎれば、人間は老化との戦いが始まっていますので、今自分が何をしているかで5年10年先が決まっていきます。

身体が資本と言うけれど、身体に対して積極的にアプローチしていますか?よくわからないまま、よくわからない方法でアプローチしていませんか?

納得した上で、行動を継続していく。 それが結果を出していく人の特徴だと、私は思います。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「以前の私なら怖くて動かすなんてできなかったでしょうね」 そう仰られたのは、数日前に右の肩甲骨あたりに急な痛みが出たクライアント様。 受傷直後は腕を動かすとすべての動きに対して痛みが出る状態でした。 原因はよくわからず、もしかしたら下にあるものを取るときに変な動きをしてしまったか? 「痛みがでたとき何か対処されましたか?」と質問すると マッサージガンやスクワットやプッシュアップなど 積極的に体を動

bottom of page