top of page

トレーニングの合間(インターバル)でも特徴が出ます


京都 パーソナルトレーニング 体幹トレーニング

トレーニングを1種目した後と次のトレーニングの間の休憩を、インターバルを置くと言います。

このインターバルの間にいかに早く回復できるかが、日常生活での健康ポイントと考えています。

もちろん回復は早い方がいいですよね。

子供が良い例です。

そして、このインターバルのときに歩いてもらうのですが、このときに1人1人特徴が出ます。

顔は上がっているか下がっているか。

表情は笑っているかしかめっ面をしているか。

足踏みはできるか、立ち止まっているか。

足の動きは重いか軽いか。

呼吸は早いかゆっくりか、早くてもすぐに落ち着いてくるか。

などなどいろいろチェックしています。

パーソナルで見させてもらっていると

面白いことに受けている方は演技をすることもあります。

しんどそうにして「もうこれ以上きつくしないで」と、アピールすることもあるのです(笑)

ま、それはトレーニングをしているときの

体の反応を見れば本当かそうでないかわかりますけどね(笑)

その日の体調やメンタルで、力の発揮具合も変わってきますので

いろんなことを見逃さず

楽しくしっかり体を動かして遊ばせることが、MOVEMENTの指導ポイントでもあります。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「以前の私なら怖くて動かすなんてできなかったでしょうね」 そう仰られたのは、数日前に右の肩甲骨あたりに急な痛みが出たクライアント様。 受傷直後は腕を動かすとすべての動きに対して痛みが出る状態でした。 原因はよくわからず、もしかしたら下にあるものを取るときに変な動きをしてしまったか? 「痛みがでたとき何か対処されましたか?」と質問すると マッサージガンやスクワットやプッシュアップなど 積極的に体を動

bottom of page