top of page

トレーニングする前後にストレッチはしないんですか?


オープンしておかげさまで少しずつ体験トレーニングのご予約やお問い合せが入ってきています。

本日、体験トレーニングを受けられた方からのご質問で「ストレッチしないんですか?」と聞かれました。

これはよくある質問ですね。

答えの1つは、筋肉を傷めないためです。

えっ?と思われた方もいるかもしれませんが、よく皆さんがする静的ストレッチは、グイッグイッとやりすぎると筋肉が伸ばされ過ぎて、脳から「それ以上伸びたらアカン!縮め!」と指令が入り、逆に筋肉が縮んでしまうのです。 (もちろん呼吸をつけたりして解除するやり方もあります)

せっかく硬くなっている筋肉を緩めるためにしたのに、となりますよね。そのあとにトレーニングをするとどうなるでしょう? ケガのリスクが上がってしまいますね。

子供を見てください。 めいいっぱい体を動かす(遊ぶ)前に準備運動しますか? 動いたら少し休んでまた動くを繰り返し、遊び終わったらしっかり寝て回復します。

これが一番健康なんだと思うのです。 大人でも回復力の高い方は寝たらすぐ良くなるんですよね。 ここを目指してほしいと思います。

数年通われている会員さんからは 「ここ来てから、寝たら疲れ取れてるんですよね」 「疲れていてもトレーニングするとスッキリします。 と、よく言われています。

そこから、より動ける体を作っていくことができていきます。

大人の健康優良児を目指したい方は、ぜひ体験トレーニングにチャレンジしてみてください。

肩こり腰痛の状態をみて、体の変化を感じながら指導していきますよ。

トレーニングアイテム


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「久しぶりに会った友達が、最近疲れやすいみたいで困ってたんですよね。 見てみると猫背で覇気がなくて、まるでトレーニングする以前の私を見てるみたいでした。」 トレーニングを継続していると 自分自身の健康やメンタル状態、姿勢や体の使い方の変化など 見る面が増えたり角度が変わったりする方が多いです。 それと同時にほかの人の見かたが変わり 「ついすれちがう人の姿勢も見てしまうんですよね。」 「スポーツして

「以前の私なら怖くて動かすなんてできなかったでしょうね」 そう仰られたのは、数日前に右の肩甲骨あたりに急な痛みが出たクライアント様。 受傷直後は腕を動かすとすべての動きに対して痛みが出る状態でした。 原因はよくわからず、もしかしたら下にあるものを取るときに変な動きをしてしまったか? 「痛みがでたとき何か対処されましたか?」と質問すると マッサージガンやスクワットやプッシュアップなど 積極的に体を動

bottom of page