• hideoyanase

運動を習慣化したいのにやめてしまう9つの原因①

現代人は、頭ばかり酷使して疲れて、体(筋肉)がちゃんと疲れていません。

大人になると子供のころより圧倒的に運動量が下がり

精神的ストレスが肉体的ストレスに比べて圧倒的に多くなります。


これって疲労をためやすいライフスタイルですね。


中途半端に体(筋肉)が疲れているため

体が本来持っている自然治癒力(回復力)が、寝るときに発揮されないのです。


だから疲れている感じはするが夜眠れない、朝起きても疲れが残ったまま。

疲労がどんどんたまっていくという悪循環になりやすいです。


ここで必要なことは「短時間で筋肉を疲れさせる」ことで

体と心の回復スイッチを入れることができます。


次に必要なことは、その日の疲れをその日のうちに取る

そのための生活習慣に必要なA.R.M.式ルーティンを実行してもらいます。

疲れをためないライフスタイルに変化していくのです。


そしてトレーニングを継続していくことで、回復力自体を上げていく。

自然治癒力が発揮されることで、普段の生活での食事・入浴・就寝をすれば、翌日に疲れを持ち越さない体へと変わっていくのです。


整体マッサージ・瞑想・ストレッチ・趣味・気分転換・呼吸法などでも

しっかり効果の出る身体にしていくことが、アンチエイジングへとつながるのです。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

copyright ©京都 パーソナルトレーニングジム MOVEMENT All rights reserved.