• hideoyanase

疲れを溜めないルーティーンを作ると、不調を防ぐ抑止力になります。

A.R.M.トレーニングでは体験レッスンのときから

「短時間で筋肉を疲れさせる」ことをお伝えしています。


そのつぎにお伝えすることが

「疲れを溜めないこと」 これができると疲労の蓄積を少なくでき回復も早いのですね。


そのためにA.R.M.式疲れを溜めないための1日のルーティーンを指導しています。


朝は起床時から

朝食を摂ること

日中の運動

入浴のポイント

お休みのときの注意点など


休日でも、年末年始などの長期休暇でも、基本的な生活リズムを崩さないことが、年間の体調管理には重要です。


2021年は〇〇をしよう!

チャレンジするぞ!

ではなく、いつものことをいつものように淡々とこなしていくこと。


テンションが上がれば、その反発で必ず下がります。体調もこれと一緒で、ルーティーンを作ることでこの波の上下を大きくしないようにするのです。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ARMトレーニングは筋肉を短時間で疲れさせることで、体と心の回復スイッチを入れる。

「今日はありがとうございました。普段使わない筋肉がプルプル震えたり、トレーニング後の体の動きが柔らかくなっていたり、短時間でも変化が実感出来て楽しかったです。分かりやすく指導して下さり、ありがとうございました。家でもトレーニング頑張ります!」 先日、体験レッスンを受けて当日ご入会されたクライアント様からメールを頂きました。 ARMを楽しんでもらえた感じが伝わってきますね。ありがとうございます。 こ

体の変化に気づく大切さ

クライアントへのレッスン指導で いつも感じていることがあります。 それは「気づいたもの勝ちだな」ということです。 身体面・精神面・生活面・人間関係 ご自身に関することならどのようなことでもです。 ・週1回整体に行っていたのが行かなくてよくなった ・階段の昇り降りが楽にできた ・仕事終わりの疲れがだいぶましだった ・よく眠れ翌朝に疲れがリセットできた ・冷え性が去年より良くなってきた ・肌ツヤが良く