• hideoyanase

回復力自体を高めることは

「足をくじいたんですが、スクワットしたら痛みが少し引いて歩けました。」

「ぎっくり腰なったときに、スクワットしたらその日仕事できるくらい回復しました。」


MOVEMENTのベテランクライアントさまは、自分の痛みは自分で治すことを実践されています。

(もちろん上手く改善しないときは、私に連絡をしてもらい、他の対処法をお伝えします。)


日常では疲れが溜まれば痛みが出たり、アクシデントに合うこともありますよね。


けどそこで、多少痛みがあっても動けること

そのために痛みが固定化して慢性痛とならないように、早めに行動をすること。


これがA.R.M.トレーニングで実践してほしいことなのです。


ここで何も対処せず次のレッスンまでほったらかしですと、痛みを改善するための回復メニュー(スクワットやセルフケアなど)だけでレッスンが終わってしまいます。

せっかく時間とお金を使ってくるのですから、少しもったいないですね。


やはり毎月用意しています、月メニューを1~4週までしっかりやってもらいたいのです。

これが季節の対策となり、よりご自身の回復力を高めていくために最良の手段だと考えられたメニューだからです。


回復力自体を高めることは、1つのエクササイズ、1つのセルフケア・1つのお薬など

日常生活の中の1つ1つの質が上がるということなのです。


なので【何かあったらスクワット】と伝えるのはそのためなのです。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ARMトレーニングは筋肉を短時間で疲れさせることで、体と心の回復スイッチを入れる。

「今日はありがとうございました。普段使わない筋肉がプルプル震えたり、トレーニング後の体の動きが柔らかくなっていたり、短時間でも変化が実感出来て楽しかったです。分かりやすく指導して下さり、ありがとうございました。家でもトレーニング頑張ります!」 先日、体験レッスンを受けて当日ご入会されたクライアント様からメールを頂きました。 ARMを楽しんでもらえた感じが伝わってきますね。ありがとうございます。 こ

体の変化に気づく大切さ

クライアントへのレッスン指導で いつも感じていることがあります。 それは「気づいたもの勝ちだな」ということです。 身体面・精神面・生活面・人間関係 ご自身に関することならどのようなことでもです。 ・週1回整体に行っていたのが行かなくてよくなった ・階段の昇り降りが楽にできた ・仕事終わりの疲れがだいぶましだった ・よく眠れ翌朝に疲れがリセットできた ・冷え性が去年より良くなってきた ・肌ツヤが良く