• hideoyanase

吊り輪トレーニングで消化吸収排泄(内臓機能)のメニュー

最終更新: 2020年11月20日


これから寒くなるにつれて旬の美味しいものがたくさん出てきますね。

お鍋も美味しくなってきます。


美味しいものを美味しく食べる。

そして食べたものが消化され、栄養として吸収されてエネルギーとして使われる。

余分なものはちゃんと体の外へ出せること。


これができることは将来の健康にとって必須項目だと考えます。

胃腸(内臓)が弱い方はこれがちゃんとできていないんですよね。


そんな大事なポイントだからこそ、A.R.M.トレーニングではこの内臓のことまで考えてメニューができています。


この時期は1年の疲れを「回復」させるのに、最高な時期ですから、よく運動して、お腹を空かしてよく食べて、しっかり睡眠をとることで、これからの寒い時期も元気に過ごせる体をつくっていけるのです。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示