• hideoyanase

全身のバネを鍛えることで、冬の寒さを乗り切ろう。


京都は秋晴れが続いて気持ち良い日が続きますが、これを超えると、初冬の寒さが到来します。


寒くなると、いつもより体が縮こまり動くこと億劫になってしまう方多いですね。

運動量が減ると、体温が上がらず血流不足になりますから、思わぬ不調や風邪、肩こり腰痛も再発しやすくなります。


そのための対策としてこの時期は「全身のバネ」をターゲットにしたトレーニングをします。


バネのある筋肉は体の後側にあります。

・鍛えられると自然と姿勢が良くなる

・筋肉の血流ポンプを使えて普段から体温も上がりやすい

・バネが効くと歩く時に寒さで歩幅が自然と大きくなるので運動量が確保できる


などなど、冬を迎えるにあたって自然と対策ができるようにメニューを組み立てていきます。


体験レッスンでは、つま先上げやスクワットなど、筋肉を短時間で疲れさせて「回復スイッチ」を入れる体験をしていただきます。


ご興味のある方は、毎月限定5名ですのでお早めにご予約してくださいね。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ARMトレーニングは筋肉を短時間で疲れさせることで、体と心の回復スイッチを入れる。

「今日はありがとうございました。普段使わない筋肉がプルプル震えたり、トレーニング後の体の動きが柔らかくなっていたり、短時間でも変化が実感出来て楽しかったです。分かりやすく指導して下さり、ありがとうございました。家でもトレーニング頑張ります!」 先日、体験レッスンを受けて当日ご入会されたクライアント様からメールを頂きました。 ARMを楽しんでもらえた感じが伝わってきますね。ありがとうございます。 こ

体の変化に気づく大切さ

クライアントへのレッスン指導で いつも感じていることがあります。 それは「気づいたもの勝ちだな」ということです。 身体面・精神面・生活面・人間関係 ご自身に関することならどのようなことでもです。 ・週1回整体に行っていたのが行かなくてよくなった ・階段の昇り降りが楽にできた ・仕事終わりの疲れがだいぶましだった ・よく眠れ翌朝に疲れがリセットできた ・冷え性が去年より良くなってきた ・肌ツヤが良く