• hideoyanase

体温は1日に数回、運動や食事・入浴で上げてあげることが暑さ対策となります。


毎年夏になると食欲が減ってしまうという方はいませんか?


あっさり冷たいものばかり食べる。

水分ばかり摂っている。

お風呂は烏の行水やシャワーだけ。


それだと頭はカッカ熱いのに手足の末端が冷えている。冷えのぼせの状態になってしまいますね。


1日を健康に過ごしていくためには、毎日数回体温を上げて上げることが大切です。

なぜなら、体温を上げることで血流も良くなる、神経系も働き、筋肉や内臓も動きやすくするためです。


今はスマートウォッチなどで日中の体温を簡単に計れるようになりました。


私もスマートウォッチをつけていますが、平熱は36.5度くらいで、外出をすると猛暑日のときはものの10分程度で体温が38度台に上がるのです。

最初見た時はビックリしましたが、それくらい体にはストレスがかかるということです。


これが平熱が35度台の低体温の方で汗をかきにくい方ですとだと、もっと負担が大きくなるのだと思います。


ですから、普段から運動や食事・入浴などで1日で体温を上げることを体にさせて上げることが、暑さ対策となるのです。


今日の京都は台風の影響がなくなり、日中の気温が高くなっています。

猛暑日よりは少し気温が下がってはいますが、引き期続き暑さの対策は継続していきたいですね。

5回の閲覧
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

copyright ©京都 パーソナルトレーニングジム MOVEMENT All rights reserved.