体の変化に気づく大切さ

クライアントへのレッスン指導で

いつも感じていることがあります。


それは「気づいたもの勝ちだな」ということです。


身体面・精神面・生活面・人間関係

ご自身に関することならどのようなことでもです。


・週1回整体に行っていたのが行かなくてよくなった

・階段の昇り降りが楽にできた

・仕事終わりの疲れがだいぶましだった

・よく眠れ翌朝に疲れがリセットできた

・冷え性が去年より良くなってきた

・肌ツヤが良くなり化粧乗りがいい

・筋肉がついてきて立つ姿勢もよくなった感じがする

・落ち込みにくくなった

・上司に怒られてもなんとも思わなくなった

・苦手な人とも気軽に声をかけれるようになった

・夫婦仲が良くなった


人それぞれですが、いろんなことを実感していきます。


ここで大事になってくることが

ご自身が「変化を感じようとしているのか」です。


「これでホンマに変わるのかな?」と、疑心暗鬼のままトレーニングをしている方。


「とりあえずやっておこうか」「もう年だし無理はせんとこ」


と【自分の体に対して他人行儀】な方は、結果が出るのは遅くなる傾向にあると思います。


変化を感じようとしている方は


これから自分はどんな風になれるだろう?変わったら何をしよう?と


ワクワクしながら自分に期待しているのですね。


この気持ちに性別や年齢、体力レベルなどは関係ありません。


トレーニングを始められるときには、ぜひ自分に期待をもって臨んでみてください。


少しの変化、成功体験の連続が数年後の大きな変化へと繋がっていきます。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示