• hideoyanase

体のバネを鍛えて、自然と背筋をシャンとできる体に!

更新日:2020年11月20日


体のバネをターゲットにしたトレーニングメニューです。


ここからさらに、ジャンプしたり、ステップを刻んだりしていきます。

重心を高く、体幹を締めて、腹圧を高めて、瞬間でストップする。


ストップする動作は、体の背面の筋肉がしっかりしてないとグラグラしたりして止まりません。だから猫背だったり姿勢が良くないと、体の前側の筋肉を使ってしまい、それだと動作がワンテンポ遅くなったり、余計な力を使ってしまうのですね。


疲れを溜めない体を作っていくためには、余計な力は使いたくありません。

だから、姿勢を良くするために背面の筋肉を鍛えていくわけです。


若い筋肉を使うことで、より回復力の高い体、アンチエイジングと繋がります。


7.80代になっても、背筋がシャンとして素敵な方がいますよね。

しっかりバネを鍛えることで、私たちも見習っていきたいところです。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ARMトレーニングは筋肉を短時間で疲れさせることで、体と心の回復スイッチを入れる。

「今日はありがとうございました。普段使わない筋肉がプルプル震えたり、トレーニング後の体の動きが柔らかくなっていたり、短時間でも変化が実感出来て楽しかったです。分かりやすく指導して下さり、ありがとうございました。家でもトレーニング頑張ります!」 先日、体験レッスンを受けて当日ご入会されたクライアント様からメールを頂きました。 ARMを楽しんでもらえた感じが伝わってきますね。ありがとうございます。 こ