top of page

パーソナルトレーニングで健康増進&健康管理!痛みや不調が出たときに自分で対処して健康管理が上手になる!




「ここのトレーニングを受ける前だったら、痛みが怖くて動かすなんてできなかったでしょうね」


そう仰られたのは数日前、右の肩甲骨あたりに急な痛みが出たクライアント様。

受傷直後はバンザイする動作や手を後ろにまわす動作がなど

腕を少しでも動かすと痛みが出る状態でした。


原因はよくわからず、もしかしたら下にあるものを取るときに変な動きをしてしまったか?


「痛みがでたとき何か対処されましたか?」と質問すると

マッサージガンやスクワットやプッシュアップなど

積極的に体を動かして痛みを自分で軽減されたとのことでした。


そのおかげで、レッスンの今日は少し違和感が残ってるくらいでした。


レッスンでは、痛みの確認や柔軟性のチェックなどをして問題なしでしたので

いつもどおり通常メニューをおこなうことができました。


当店では、日常生活で出る痛みや不調に対して

『自分の体は自分で守る』をコンセプトに

ご自宅でもできるセルフケアやセルフトレーニングの指導をしています。


このクライアント様はそれをしっかり実践され

ご報告してくださいました。素晴らしいですね!



あなたは痛みが出てしまった時に何をしますか?


日常の生活の中で痛みや不調が出た場合多くの方は安静にして


  • シップを貼る

  • 痛み止めを飲む

  • 無理に動かさず時間薬

  • 病院や整体マッサージなど行く


痛みを我慢しながらの選択肢となると思います。


そこで残念なのは

治るまでに時間がかかったり

治療に行くまでに期間が長くなったりすることで


痛み自体がストレスとなり

仕事のパフォーマンスが落ちたり

遊びや趣味が楽しめなくなることです。


もしスポーツを楽しんでいる方であれば無理はできない(もしくは休むことに)

ジムに通っている方であればレッスンをお休みすることにもなり

継続してきた身体や脳への刺激が途絶えてしまいます。


そして、運動量が低下は基礎筋力・体力の低下を招き

疲労が溜まりやすく回復力も低下して痛み・不調が再発しやすくなります。


レッスン再開が遅くなるとリタイアしてしまう可能性もありますね。

それだと健康のために続けてきたトレーニングなのに本当にもったいないなと思うのです。


ここで私が伝えたいことは



自分で武器を持とう!


先ほどのクライアント様みたいに痛みに対して

セルフケアやセルフトレーニングができることが


将来の健康だけでなく

【現在のお困りごとや急なアクシデント】に対しても

迅速に対応できる武器となることを皆様にも知ってほしいです。


自分で武器を持つことは


  • 痛みに対して自分で対処できる

  • 痛みに対する不安ストレスの減少

  • やるほどに健康管理が上手になる



【健康に対して自立した人】になっていく


「ここのパーソナルトレーニングに来てから、痛みが出ても動くことが当たりまえになりました」

クライアント様にそう言って頂けることが本当にうれしいです。


そのような健康に対して自立した方を1人でも多く増えてほしい

誰でもそうできることを知ってほしい


そう思いながら日々のレッスン指導をしています。



当ジムのパーソナルトレーニング

ARMトレーニング(アクティブリカバリーメソッド)は


パーソナルトレーニングで健康増進&健康管理

健康増進だけでなく

健康管理も上手になっていく

成長型トレーニングです。


(トレーニング動画も見れます)






閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page