• hideoyanase

トレーニング中に辛い顔をする人は不調の症状を倍増させてしまうかも


難易度の高いメニューやキツくなってきたとき、辛い顔、険しい顔になってませんか?


残念ながらそれだと、A.R.M.的には効果0となります。


辛い顔をするということは、辛いことにフォーカスしてしまうんですよね。


トレーニングは、けっこうなストレスを与えていますから、それを辛いと感じてしまう習慣がついてしまいます。

生活でもストレスを感じた時に、辛いスイッチが入りやすくなることで、ちょっとしたことでも耐えられなくなる。ネガティブに捉えやすくなる。

肩こり腰痛など痛みがある、不調が出た場合は? そう、症状が倍増してしまいますよね。

ある意味、自分で痛みを作り出してしまっているとも言えます。

治りが遅い、再発しやすい人の特徴で、必死さは出るのですが、やはり回復が早い方の特徴を真似したいですね。

なので、キツイ時ほど笑っちゃいましょう。 そうすることで、年間の健康管理にも繋がってきます。

レッスン中に辛い顔が出そうになったら「スマイル!スマイル!」

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ARMトレーニングは筋肉を短時間で疲れさせることで、体と心の回復スイッチを入れる。

「今日はありがとうございました。普段使わない筋肉がプルプル震えたり、トレーニング後の体の動きが柔らかくなっていたり、短時間でも変化が実感出来て楽しかったです。分かりやすく指導して下さり、ありがとうございました。家でもトレーニング頑張ります!」 先日、体験レッスンを受けて当日ご入会されたクライアント様からメールを頂きました。 ARMを楽しんでもらえた感じが伝わってきますね。ありがとうございます。 こ