トレーニング中に辛い顔をする人は不調の症状を倍増させてしまうかも


難易度の高いメニューやキツくなってきたとき、辛い顔、険しい顔になってませんか?


残念ながらそれだと、A.R.M.的には効果0となります。


辛い顔をするということは、辛いことにフォーカスしてしまうんですよね。


トレーニングは、けっこうなストレスを与えていますから、それを辛いと感じてしまう習慣がついてしまいます。

生活でもストレスを感じた時に、辛いスイッチが入りやすくなることで、ちょっとしたことでも耐えられなくなる。ネガティブに捉えやすくなる。

肩こり腰痛など痛みがある、不調が出た場合は? そう、症状が倍増してしまいますよね。

ある意味、自分で痛みを作り出してしまっているとも言えます。

治りが遅い、再発しやすい人の特徴で、必死さは出るのですが、やはり回復が早い方の特徴を真似したいですね。

なので、キツイ時ほど笑っちゃいましょう。 そうすることで、年間の健康管理にも繋がってきます。

レッスン中に辛い顔が出そうになったら「スマイル!スマイル!」

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

KYOTOGRAPHIEは京都を舞台に開催される国際的な写真祭です。 国内外のアーティストの展示を京都市内10カ所で開催。さまざまな施設で催されるので、そのための移動や建造物自体も特徴があるものが多いで、地図を見て探検する体験も楽しいです。 作品を写真撮影可のところも多いので、後で見返せるのも嬉しいですね。 あと8つも観れるところがあるので、5/8までにボチボチ回っていこうと思います。 写真はイタ