• hideoyanase

トレーニングは限界の枠を広げる

限界を少し超えることを週1回継続して行うからこそ、その人の回復力を含めた、いろんなベースの限界の枠が広がることを実感しています。


ノミは通常2メートルの高さをジャンプできるが、高さ50センチの箱をかぶせると自分の限界を決めてしまい、箱をどけても50センチしか飛ばなくなる。心理学で有名な実験です。


トレーニングでは、その自分の中にある「心理的限界」のリミッターを外したいんですよね。


それって自分1人ではなかなかできるものではありません。だからプロに見てもらうのです。

クライアント様からも「これは1人ではできへんよね」と、必ずお1人1回以上言葉を頂いています。


その結果として、転倒して膝を強打し腫れあがってしまったクライアント様。

「以前の私なら、ここでもう動かずじっとして回復を待つのみだったのが、とりあえず動かせるところは動かそ。と思いました」 と感想をいただきました。


フィジカル面だけではなくメンタル面、回復力などベースが上がったとともに、新しい健康を創造されたことに、思わずガッツポーズしてしまいました。


もちろん、そのクライアント様はレッスンを休まず、日常も生活の質をできるだけ落とさず、回復も早かったです。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ARMトレーニングは筋肉を短時間で疲れさせることで、体と心の回復スイッチを入れる。

「今日はありがとうございました。普段使わない筋肉がプルプル震えたり、トレーニング後の体の動きが柔らかくなっていたり、短時間でも変化が実感出来て楽しかったです。分かりやすく指導して下さり、ありがとうございました。家でもトレーニング頑張ります!」 先日、体験レッスンを受けて当日ご入会されたクライアント様からメールを頂きました。 ARMを楽しんでもらえた感じが伝わってきますね。ありがとうございます。 こ