シンプルな筋トレは自分の弱点を見つけやすい大事なポイント


A.R.M.トレーニングには、シンプルな動きをすることが多いです。 地味トレとも言われますが(笑)


けれど、やったことがある人は「ほんま地味やわ~。けどそれが1番効くねんな。」 この効く感じがわかりますよね。


私が見本を見せると 「コーチの見ると簡単そうに見えるんやけどね、やってみると全然違うもん(笑)」

クライアントさまは、毎回が驚きの連続となる。 ということは【飽きない】ということですね。

飽き(慣れ)てしまうと、体と心は老化しますから 週1回毎回、体に新鮮な刺激が入れていくのです。 これが年間を通しての健康管理に繋がります。

ここも、一般のパーソナルトレーニングジムとは違うところですね。

このようなシンプルな動きは、その方のクセがわかりやすいです。 脇が開いてしまう、あごが下がる、目をつむるなど いろいろあるのですが、それは【弱点】とも言えます。

弱点は他のメニューをしてて疲れてきたときにも出やすく (例えば坐骨神経痛をお持ちの方でしたら、深くしゃがむ動作が苦手)

毎回のレッスンでコーチから、同じようなことを指摘・修正されることもあります。 すぐに克服できた方は素晴らしいです。

ですが、それが長い期間かかることもあります。 もちろんそれでもいいんです。

いろんなメニューをしていき、ベースとなる基礎力を上げて 1年後にこのメニューをして、少しでも【できる】ようになっているように 弱点が少しでも克服できているようになるのが目標となります。

できるようになってくると、自然と体も変わり、痛みや不調の出方や回復が早くなったりと いろんな変化を感じてくるのです。

シンプルな動きは奥が深い。

そして、体は面白い。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

KYOTOGRAPHIEは京都を舞台に開催される国際的な写真祭です。 国内外のアーティストの展示を京都市内10カ所で開催。さまざまな施設で催されるので、そのための移動や建造物自体も特徴があるものが多いで、地図を見て探検する体験も楽しいです。 作品を写真撮影可のところも多いので、後で見返せるのも嬉しいですね。 あと8つも観れるところがあるので、5/8までにボチボチ回っていこうと思います。 写真はイタ