• hideoyanase

できない動作をできるようにするのがトレーニングです。


今までの自分を変えていくためには


やりずらい・できない動作を積極的にメニューに組み込むことをオススメします。


なぜこれが必要なのか?

それは子供がお手本となります。


子供はなんでも初めてのことで最初はうまくいきませんよね?

しかし、どんどんチャレンジして上手くなってできるようになる。

できることが増えていくことで成長欲求を刺激し、体も心も成長していきます。


大人は

 ・安全

 ・疲れを残さないように

 ・ケガしないように

 ・無理のない範囲で

 ・自分の知っている動き

 ・できる回数や強度で

 実行していくことがほとんどです。


大人も子供と同じように成長欲求を刺激して、体と心も成長していくことが、何歳になっても成長していけるポイントです。


(※それを安全にできるようプロへの依頼も一つの手段です)


「できないこと」があると、いろんな感情が湧いてきます。

恥ずかしい・悔しい・落ち込む・怒り・戸惑い・コーチに申し訳ない

など人によっても違うのですが

その感情は大切にしたままで

「では、できるようにするにはどうすればいいか?」を実行していくことが重要です。

 

少しアドバイスを受ければできるようになることもありますし

逆に全然できずに終わることがあるかもしれません。


その場合は、半年後や1年後に基礎体力や筋力などベースが上がってきたときに、再びチャレンジした時にできれば良いのです。

 

それが体を根本から変えていくということだと、私は考えています。


長期的な見方で体を変えていく。

その過程の中で、自分の体と心がどう変化していくのか?

それを感じながら楽しんでもらうことが、継続していけるポイントでもあるのです。

 

やりずらい動作にもどんどんチャレンジしていきましょう。



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ARMトレーニングは筋肉を短時間で疲れさせることで、体と心の回復スイッチを入れる。

「今日はありがとうございました。普段使わない筋肉がプルプル震えたり、トレーニング後の体の動きが柔らかくなっていたり、短時間でも変化が実感出来て楽しかったです。分かりやすく指導して下さり、ありがとうございました。家でもトレーニング頑張ります!」 先日、体験レッスンを受けて当日ご入会されたクライアント様からメールを頂きました。 ARMを楽しんでもらえた感じが伝わってきますね。ありがとうございます。 こ