• hideoyanase

そろそろ花粉症の時期ですね。トレーニングで対策できる?

当店のクライアント様も花粉症でお悩みの方がいました。朝目覚めると、目やにで目が開かないなんて方もいました。



クライアント様からは

「お薬がちゃんと効くようになった」

「いつもの年より症状出るのが軽くなった」

「これをやったら大丈夫ってわかったので、気分が落ち込まないで過ごせます」

などなど、喜びの声をいただいています。



もちろん、人によって感じ方や、症状の出方も違いますので、改善の仕方も当然異なってきます。



花粉症の症状がある方に大事なことは

・ちゃんとお薬の体にしておくこと

まずこれが大事だと考えます。



お薬がちゃんと効く体を考えると、お薬の処理吸収をしてくれる胃や腸など消化器系、代謝のための肝臓、排出をしてくれる腎臓など、内臓の動きが良いことがポイントとなります。



内臓の動きは外から見えませんから、骨格(姿勢や筋肉の動き)を見て、花粉症(ストレス)が入ってきたときに悪くなる動きを改善していくことで、花粉症対策となるのです。



そして、汗をかき毒素を出せる体にする。

花粉症は体にとっては異物なものでそれを排除するためには、体の外へ出す機能が働かないといけません。

頭や顔から出す汗以外に、腕から玉粒のように出る汗がかけることが理想です。



体質を改善していくものですから、年単位で体の変化を見ていくこと。自分の体と心の変化を楽しんでいきたいですね。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

イネ科の花粉に悩まされている方もぜひやってみてほしい呼吸法

この時期の花粉はイネ科がでクシャミが出ている方もいらっしゃると思います。 その花粉にはPM2.5 や排気ガスなど 大気の汚れが付着して、毎年違う形で私たちの体内へ入ってきます。 ARMでは、体内に入ってくるものは【出す】ことが大事ですので、汗を出すこと大事ですね。 トレーニングやお風呂など、汗腺を開き汗を出す。 あとは尿や便も大事ですね。 特に花粉症(アレルギーなど)は腸内環境との関係が強いの