top of page

この時期の健康対策は【汗腺を開く】


6月からレッスン再開のクライアント様。久しぶりにお会いできて、本当に嬉しかったです。


2ヶ月という期間は意外と長かったですね。 宿題の動画を送らせて頂いていましたが、やはりこのような事態ですと、思ったより体力が落ちています。


まずやることは【汗腺を開く】ことです。

体を動かし筋肉を使うことで、体温が上がり、汗腺が開いて、汗が出る。 この体温調節機能を回復させたいのです。

気温も30度超えが続いていますから、汗を出すことで体温調節をしっかりしてもらわないといけませんね。

これから梅雨なので汗が出にくいと、体の中にこもってしまうと、風邪やギックリ腰など梅雨時期の不調が出やすくなるのでその対策になります。 もちろん、そのあとの猛暑対策にもなっていますよ。

メニューとしては、プランク(肘立て)で、お腹に思い切り力を入れながら、呼吸吸う、吐くときにさらに力を込める。これを繰り返しながらキープです。

久しぶりの方は「お!この刺激久しぶりやわ〜」となります。やはり、体が欲していたんですね笑

このように季節に対しても対策がある。 非常事態が出た場合でも対応策をクライアントにご提案する。 来年に向けて、もう一段上の健康を獲得してもらうため、準備していきたいと思います。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「久しぶりに会った友達が、最近疲れやすいみたいで困ってたんですよね。 見てみると猫背で覇気がなくて、まるでトレーニングする以前の私を見てるみたいでした。」 トレーニングを継続していると 自分自身の健康やメンタル状態、姿勢や体の使い方の変化など 見る面が増えたり角度が変わったりする方が多いです。 それと同時にほかの人の見かたが変わり 「ついすれちがう人の姿勢も見てしまうんですよね。」 「スポーツして

「以前の私なら怖くて動かすなんてできなかったでしょうね」 そう仰られたのは、数日前に右の肩甲骨あたりに急な痛みが出たクライアント様。 受傷直後は腕を動かすとすべての動きに対して痛みが出る状態でした。 原因はよくわからず、もしかしたら下にあるものを取るときに変な動きをしてしまったか? 「痛みがでたとき何か対処されましたか?」と質問すると マッサージガンやスクワットやプッシュアップなど 積極的に体を動

bottom of page