top of page

【正中線】を意識する。健康にとって何が良いのでしょう?


体幹が大事、体幹が大事。

体の軸や中心となる部分で、なんとなくこの辺という感じはみなさんあると思います。

この体の軸や中心のことを『正中線』と言うのですが、正中線がしっかりすることで健康にとっては何が良いのでしょう?

それは、体の【好不調】がわかること。

痛みや不快症状など不調が出ている時は、体のバランス(正中線)が崩れてることがわかりやすいです。

では、不調を感じる前はわかりますか?

面白いことに、A.R.Mのクライアント様からは

「調子良い時と悪い時の差がはっきりとわかるようになった」

「これ以上頑張り過ぎたらちょっとまずいなと感じるんです」

「以前より体の変化に敏感になりましたね」

と、痛みや不調が出る前の兆候を感じ取るようになったと、感想を頂くことが多いです。

トレーニングを継続していくことで、ご自身の正中線がハッキリしてくる。(バランスが良く軸ができてきたとも言えます)

正中線が日常の基準となっているから、ズレたこともハッキリわかる。週1回のレッスンで力を出し切ることにより、体の反応が良くなっていることもあると思います。

体調の変化に対して、繊細に感じ取れる、敏感になる、注意を向けるようになる。

トレーニングの良いところは【より自分の体に興味を持つことで変化を感じれる】ようになるところだと思うのです。

そんな方をもっともっと増やしていきたいですね。

正中線のある生活を。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「久しぶりに会った友達が、最近疲れやすいみたいで困ってたんですよね。 見てみると猫背で覇気がなくて、まるでトレーニングする以前の私を見てるみたいでした。」 トレーニングを継続していると 自分自身の健康やメンタル状態、姿勢や体の使い方の変化など 見る面が増えたり角度が変わったりする方が多いです。 それと同時にほかの人の見かたが変わり 「ついすれちがう人の姿勢も見てしまうんですよね。」 「スポーツして

「以前の私なら怖くて動かすなんてできなかったでしょうね」 そう仰られたのは、数日前に右の肩甲骨あたりに急な痛みが出たクライアント様。 受傷直後は腕を動かすとすべての動きに対して痛みが出る状態でした。 原因はよくわからず、もしかしたら下にあるものを取るときに変な動きをしてしまったか? 「痛みがでたとき何か対処されましたか?」と質問すると マッサージガンやスクワットやプッシュアップなど 積極的に体を動

bottom of page